シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

ED治療薬購入方法

*

シルデナフィルの副作用を把握する

シルデナフィルには性的興奮をすれば勃起しやすくなるという効果が期待されています。バイアグラなどの主成分として活用されていますが、医薬成分のため、服用すれば副作用が起きるリスクもあることを頭の中に入れておきましょう。バイアグラを摂取するとどのような副作用が起きるかですが、一般的なのが、顔のほてりや頭痛、動悸といった症状です。シルデナフィルには血管を拡張して血流を良くし、勃起を促す効果があります。この血管拡張効果がほかのところで起きると、以上で紹介したような症状が起きることもあります。

その他にも、光に対して過敏になるという事例も報告されています。普段よりも光がまぶしく感じるとか、色が違って見えるといった症状です。以上の副作用が起きると、「果たして大丈夫か?」と不安に感じる人もいるかもしれません。しかし一般的にはシルデナフィルの効果持続時間である4時間前後で徐々に症状は治まってくるでしょう。長く続いたとしても、せいぜい6時間くらいで収まります。ただし一部それ以上の長時間にわたって症状の出ることもあります。

中には勃起持続症という症状を呈するケースもあります。文字通り、勃起して収まらなくなってしまう症状です。もし4時間以上勃起した状態が連続して続いた場合、ペニスの動脈が破れることがあります。結果、海綿体に直接血液が流れ込んで、勃起した状態が続いてしまいます。勃起持続症になったら、なるべく早い段階で泌尿器科に向かってください。シルデナフィルを摂取して4時間以上萎えなくなったら注意です。ちなみに1日以上勃起持続症が続いてしまうと、今後勃起障害が起きる可能性もあります。

このようにバイアグラを摂取することで、いろいろな副作用が起きる可能性は確かに考えられます。しかし市販後の使用実績を調査したデータがあって、3000例以上の症例を調査したところ、何らかの副作用が起きた事例は5%程度でした。誰でも副作用が起きるわけではないので、あまり心配しないでください。

当サイト内の記事バイアグラ通販のページはこちらをご覧ください。

 - バイアグラ