シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

ED治療薬購入方法

*

持病がある人はシルデナフィルとの併用禁忌の薬に注意

今ではジェネリック医薬品の登場により、日本でも以前に比べるとED治療薬は入手しやすくなりました。EDに対する認識も、「隠すべきもの」から「積極的に改善するべきもの」というふうに変化しています。そのため、ずっと身近になったED治療薬ですが、医薬品である以上、併用する薬の種類によっては重大な副作用を招く可能性があります。ED治療薬の主成分であるシルデナフィルと、どんな薬が飲み合わせが良くないのかを知っておくことは大切なことです。

まず、絶対併用を避けなければならないのが、ニトログリセリンなどの硝酸剤です。これらは心筋梗塞や狭心症などの発作を抑えるために用いられる薬ですが、心臓の動脈を拡張し、心臓へ流れ込む血液の量を増やす働きがあります。それと同時に、体のほかの部位でも動脈を拡張して、全身の血圧を下げ、心臓にかかる負担を軽くする作用があります。ですから、血流に作用するシルデナフィルと併用すると、血圧が急激に低下して命にかかわることもあります。

アンカロン錠などの塩酸アミオダロンもED治療薬と併用禁忌です。これは循環器系の疾患の治療に使用される薬で、心室頻脈、心室細動、肥大型心筋症に伴う不整脈を改善する作用があります。ED治療薬と併用することで、脈拍の乱れが異常なまでに大きくなり、場合によっては失神発作などを引き起こすこともあります。

他にも、前立腺肥大、不整脈、水虫、HIVなどの薬の一部に、ED治療薬と併せて使うのに注意が必要なものがあります。基本的には、ED治療薬は医師によって処方されるものなので、診断の際に、飲んでいる薬について正しく医師に報告していさえすれば、危険は避けられます。ただ、医師でもなく薬の知識もないのに、個人輸入等で手に入れて、勝手な判断で服用する行為はたいへん危険です。持病がある人は特に注意してください。

なお、アルコールは併用禁忌ではありませんが、大量に飲酒すると勃起機能が弱まるものなので、ED治療薬があるからといって、性行為の前にたくさんお酒を飲むのは避けた方がよいでしょう。

 - バイアグラ